3つの特徴

リハビリ専門職がいるので安心してリハビリを受けられます

リハビリ専門職(理学療法士・作業療法士・柔道整復師)のいずれかが施設にいます!

どんなに熱心に行ったとしても、リハビリは素人には難しいものです。専門知識を持つプロが施設にいる事は、機能回復に大いに役立ちます!

また、専門職がいる事でしっかりとしたアセスメント(評価)が可能になり、日常生活動作(ADL)改善に向けてのリハビリプログラムが​作成できます。

利用者様一人一人に応じた、リハビリの提供と定期的な機能評価

利用者様一人一人、抱えられている疾病や目標は違います。

ご利用前にグッドリハを利用して改善したい目標を掲げて頂き(例:1人で買い物に行きたい。料理をしたい)その際に確認したアセスメント(評価)を元に個別にリハビリプログラムの内容を作成し、定期的に機能評価を行います。

改善効果を利用者様に確認していただくことは、モチベーションが上がり、やる気に繋がります!

最新の歩行補助ロボットを導入‼歩行に特化したリハビリ

脳卒中等の後遺症による歩行障害(片麻痺など)がある利用者様向けに開発された、歩行補助装置「RE-Gait(リゲイト)」を先進的に導入しています。歩行は全ての日常生活動作に繋がる大事な動作です。

「少しでもきれいに昔のように歩きたい‼」「1人で遠くまで出掛けられるようになりたい」などの思いを持たれている方はたくさんいます。

グッドリハでは、少しでも利用者様の思いを叶えるお手伝いが出来るように、歩行に特化した訓練を行っております。​​

​ご利用のサイクル
 

​しっかりと身体の状態評価し、このサイクルを回して​いくことが重要です!

​グッドリハの利用者割合(直営店データ)
 

​男性の方にも多くご利用いただいています。

40歳から85歳以上の方まで幅広く​

​ご利用いただいております。

​介護度問わず、リハビリ意欲の高い方から​

​選ばれています。

​歩行ロボット「RE-Gait(リゲイト)」など歩行リハビリが充実している為、​圧倒的に

脳血管疾患の方が多く​ご利用されています。

​改善事例
 

​麻痺側の足が綺麗に振り出せるようになりました!

​68歳女性 / 要介護2

​症例 / 脳出血による右半身麻痺

​発症から12年経過

​脚の緊張が強く、つっぱって脚をあげずらかったのが、

膝まわりがやわらかくなり、​スムーズに歩けるようになりました。

​59歳男性 / 要介護2

​症例 / 脳出血による右半身麻痺

​発症から4年経過

​利用者様インタビュー
 
インタビュー内容です

​K様(50代)

​グッドリハ利用歴:9ヵ月

インタビューです

​K様(70代)

​グッドリハ利用歴:3年以上