​K様​(50代)

​グッドリハ利用歴:​9ヵ月

(2018年5月時点)

​3年前に脳出血を発症

​利用頻度:週2回

​Q1 グッドリハを利用された経緯は何でしたか?

脳出血を発症してから様々なリハビリを受け、私自身でもリハビリを知っていく中で、

妻がインターネットで検索し、RE-Gaitを見つけました。歩行訓練中に麻痺側の足関節がスムーズに背屈を促してくれる装置に私も興味を持ちました。

そんな歩行支援ロボットRE-Gaitが使用できる施設はどこなのか、と調べる中でグッドリハを知ることになりました。

 

しかし、東京は多摩市にしかグッドリハが無いことを知り、送迎範囲外の為、

利用は不可能だと思いましたが、私の担当の訪問リハビリの理学療法士さんが、たまたまグッドリハ多摩の理学療法士さんと知り合いと聞き、更に興味を持ち、一度見学することを決意しました。

 

一度見学をした結果、私の「理想に近いリハビリ」を提供していたので利用をすることにしました。​

現在は電車で通ってグッドリハを利用しています。

​Q2 「理想に近いリハビリ」とは、​具体的にどういった点で感じましたか?

私の場合は、「復職をする」という強い希望があったので、適切な機能訓練以外は必要性を感じていませんでした。

グッドリハはRE-Gaitはもちろんですが、他のリハビリ機器や運動の内容が考えられており、グッドリハは非常によくできた作りだと感じています。

​Q3 グッドリハに期待することはありますか?

グッドリハでのリハビリを通じて、外出の機会と時間がものすごく増えました。​

それにより、日々豊かに生活できるようになりました。

これからもグッドリハを利用する方々が笑顔になって、そういった生活を営めるような

​施設であり続けてほしいと思います。

​Q4 グッドリハで使用しているマシンはどう感じますか?

限られたスペースの中で、歩行をよくする目的に特化したマシンが厳選されていることに

好感を持っています。

​その中で、特に『歩行補助ロボットRE-Gait」はよく考えられていますね。

​Q5 グッドリハを利用されて約9ヵ月間でお身体の変化は​感じられていますか?

リハビリすれば急に良くなるというものではなく、「やらないよりはやった方がよいに決まっている」と思って継続しています。

パワーリハや歩行訓練を繰り返し行う中で、まずは持久力が明らかにつきましたね。

そして脚さばきとかはよくなってきている実感があります。今までより遠方かつ、

ある程度の人混みも歩ける様になりました。

​復職に向けて更に頑張りたいと思います。

​K様ご協力ありがとうございました!